文化財情報館 〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町乙67番地6
電話(089)923-6363 FAX(089)925-0260

現地説明会&現地見学会の紹介

文化財情報館 > 現地説明会 >祝谷大地ヶ田遺跡8次調査

祝谷大地ヶ田遺跡8次調査(いわいだにおおちがたいせき)

    開催日
    遺跡名
    サイズ
    DL
  • 平成30年2月28日(土)
       10 時~ 11 時
  • 祝谷大地ヶ田遺跡8次調査

    4.91 MB

    PDF
    所 在 地 : 松山市祝谷六丁目
    調査期間: 2017(平成29)年2 月1 日~ 2017(平成29)年2 月28 日
    調査主体: 公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター
    1.周辺の遺跡

     調査地周辺の丘陵裾部には、弥生時代の集落跡や古墳時代の古墳などが数多く検出されています。弥生時代では、祝谷六丁場遺跡から後期の平形銅剣が埋納された状態で出土、祝谷畑中遺跡からは弥生時代前期末から中期中葉頃の大溝を検出、西隣の祝谷大地ヶ田遺跡3次調査から7次調査にかけて中期頃の貯蔵穴約400基が検出されています。
     古墳時代では、同丘陵上の西隣にて祝谷1号墳から10号墳の調査を行い、祝谷6号墳の1号石室には珠文鏡や2号石室には円頭大刀柄頭などが副葬されていた。また、祝谷9号墳は、前方後円墳に馬蹄形の周壕をもち、その周壕の内側と外側には石列を伴う古墳で、首長クラスの墓と考えられており、松山平野でも特に注目されている地域です。

    2.調査の概要
     調査では、第Ⅴ層上面にて溝1条、土坑14基、柱穴11基、石室2基を検出しました。 遺物は、弥生土器、土師器、須恵器、石製品、鉄製品、装身具などが出土し、遺物収納用箱(22×44×60cm)約4 箱分の出土量です。
      ■弥生時代  
    • 土坑14 基(SK1 ~ SK14)、柱穴10 基(SP1 ~ SP11)を検出しました。

      ■古墳時代
      古墳(祝谷11 号墳)の石室2基(1号石室・2号石室)と溝1条(SD1)を検出しました。

    • 1号石室は調査区西端で検出し、西の側壁や奥壁は調査区外に延びており全容は不明ですが、南方向に開口する両袖式の横穴式石室と想定できます。墳丘の盛土は後世の削平により消失しており、石室の遺存状況は、天井石、側壁、奥壁とも後世の撹乱の影響をうけて基底部の1段~2段を残すのみでした。羨道部は溝状に掘られており、調査区外に延びます。羨道部には閉塞石と考えられる石積が2段残り、玄室内入口には踏み石が1段置かれ、羨道部から玄室へは段を降りる構造です。玄室床面は、河原石が敷かれていましたが、東側の側壁部分は撹乱を受け未検出です。
       遺物は須恵器や管玉、鉄鏃、鉄斧、刀子などが僅かに出土しました。
    • 2号石室は調査区北端で検出し、奥壁は調査区外に延びます。墳丘の盛土は後世の削平により消失しており、残存状況から南方向に開口する片袖式の横穴式石室と想定するが羨道部は未検出です。
       石室の遺存状況は、側壁、奥壁とも、基底部の1段~2段を残すのみでした。玄室の床全面には小さな河原石が敷かれており、西北部からは人骨、中央部付近には土玉やガラス小玉などの装身具や南壁付近には須恵器の壺や鉄鏃などが比較的多く出土しました。
    • 溝は、調査区東南部にて一部を検出するのみで全容は不明ですが、その形状から周溝の可能性があります。
    写真

    031号石室01真上から

    05-22号石室の副葬品が出土した状況
    3Dコンテンツ
    祝谷大地ヶ田8次
    1号石室
    1号石室3D写真サイズ:73.0MB
    祝谷大地ヶ田8次
    2号石室
    2号石室3D写真サイズ:40.7MB
     

    注意!!
    1.上記のデータはファイルサイズが大きいので携帯・スマートフォン・タブレットの場合は注意が必要です。ダウンロードする前に自宅等のWi-Fi接続であるか確認して、ご覧ください。
    2.ブラウザーで表示しても3Dの表示はできません。
     
    必ずダウンロードしたファイルをAcrobatでご覧ください。
     
    動作はPCの場合のみ確認しています。その他は確認していません。
    3.PDFの3Dコンテンツの扱いはこちらを参照してください。→ADOBEサイト

    調査地の位置
  • このホームページに掲載されていますすべてのPDFファイルは、 公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センターに著作権があります。著作者に無断で当該著作物(PDFファイル)を無断で使用( 転用・複製・改変・修正・追加・再配布・販売・翻訳など、またはそれに類似する行為)する行為は禁止されています。

おススメコンテンツ!

  • 発掘こぼれ話
  • 発掘調査について知ろう

関連施設

  • 松山市考古館
  • 埋蔵文化財センター
  • 公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団
    埋蔵文化財センター
  • 〒791-8032
  • 松山市南斎院町乙67番地6
  • 電話(089)923-6363
  • FAX(089)925-0260
   Copyright © 公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター All Right Reserved.