(財)松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター 〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町乙67番地6
電話(089)923-6363 FAX(089)925-0260

お知らせ

おススメコンテンツ!

  • 発掘こぼれ話
  • 発掘調査について知ろう
  • 埋蔵文化財センターblog

関連施設

  • (公財)松山市文化・スポーツ振興財団
    埋蔵文化財センター
  • 〒791-8032
  • 松山市南斎院町乙67番地6
  • 電話(089)923-6363
  • FAX(089)925-0260

お知らせ

お知らせ一覧へ戻る

『樽味高木遺跡18次調査』
松山市樽味四丁目で遺跡の発掘調査を行いました。( 終了しました。)

遺跡
名称
たるみたかぎいせき
樽味高木遺跡18次調査
内容

 造成工事に伴う事前の発掘調査です。調査地は、松山平野を西流する石手川中流域の左岸標高約40mに位置し、松山市埋蔵文化財包蔵地『No,81 樽味遺跡』内に所在します。周辺の遺跡には弥生時代中期~ 後期の樽味高木遺跡、弥生時代後期~古代の樽味立添遺跡、弥生時代中期~中世の樽味四反地遺跡などがあり、弥生時代以降の集落関連遺構が多数検出されています。
 事前に実施された試掘調査の結果、竪穴建物 、土坑 、柱穴 、溝などを検出し、遺物は弥生土器、土師器、須恵器、鉄滓(てっさい)などが出土しました。これらのことから、弥生時代から古代にかけての遺跡が広がることが想定されます。

注意
事項
発掘調査は終了しましたが、現場への立ち入りは危険な為、ご遠慮ください。

調査地の位置
お知らせ一覧へ戻る
Copyright © (公財)松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター All Right Reserved.
(ホームページ上で使用する写真・情報の掲載等に関する一切の権限は松山市教育委員会にあります)