(財)松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター 〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町乙67番地6
電話(089)923-6363 FAX(089)925-0260

お知らせ

おススメコンテンツ!

  • 発掘こぼれ話
  • 発掘調査について知ろう

関連施設

  • (財)松山市文化・スポーツ振興財団
    埋蔵文化財センター
  • 〒791-8032
  • 松山市南斎院町乙67番地6
  • 電話(089)923-6363
  • FAX(089)925-0260

お知らせ

お知らせ一覧へ戻る

『祝谷大地ケ田遺跡5次調査』
(松山市祝谷四丁目・六丁目)で遺跡の発掘調査を行っています。

遺跡
名称
いわいだにおおちがたいせき
祝谷大地ケ田遺跡5次調査
内容

 民間の開発に伴う事前の発掘調査です。周辺では、弥生時代、古墳時代を中心とする遺構が数多くみつかっています。弥生時代では中期から後期(1,800 ~ 2,100 年前)にかけての遺跡が多く、中期で有名な遺跡は祝谷六丁場遺跡や祝谷畑中遺跡で、たくさんの土器や石器を伴う土坑(人為的に掘られた穴のこと)や溝が発見されています。また、六丁場遺跡は後期の平形銅剣が出土したことでも有名な遺跡です。古墳時代では、丘陵上で祝谷1~5号墳といった古墳の調査が過去に行われており、そのほかにも周辺の丘陵上には古墳が多数分布することが知られています。
 平成24年・25年度に行われた祝谷大地ケ田遺跡3次・4次調査では、弥生時代中期中頃(約2,000年前)に使われた貯蔵穴群や古墳時代後期頃(6世紀中~7世紀初頭)の横穴式石室から青銅鏡や装飾付須恵器など豊かな副葬品がみつかっており、今回の同5次調査においても弥生時代や古墳時代の遺構の広がりが期待されます。

注意
事項
発掘調査中は、現場への立ち入りは危険な為、ご遠慮ください。

調査地の位置
お知らせ一覧へ戻る
Copyright © (財)松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター All Right Reserved.
(ホームページ上で使用する写真・情報の掲載等に関する一切の権限は松山市教育委員会にあります)