(財)松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター 〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町乙67番地6
電話(089)923-6363 FAX(089)925-0260

お知らせ

おススメコンテンツ!

  • 発掘こぼれ話
  • 発掘調査について知ろう

関連施設

  • 公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団
    埋蔵文化財センター
  • 〒791-8032
  • 松山市南斎院町乙67番地6
  • 電話(089)923-6363
  • FAX(089)925-0260

お知らせ

お知らせ一覧へ戻る

『東垣生八反地遺跡4次調査』
松山市東垣生町で発掘調査を行いました。( 終了しました。)

遺跡
名称
ひがしはぶはったんじいせき       
東垣生八反地遺跡4次調査
内容

 『松山外環状道路(空港線)余戸北吉田線』の道路整備に伴う発掘調査です。調査地は松山平野の西部に位置し、主に重信川や石手川が形成した沖積低地の標高4.6mに立地します。申請地周辺は、埋蔵文化財の包蔵地外となってい るため、発掘調査例がなく遺跡の様相については不明な地域となっていました。近年、松山外環状道路建設に伴う試掘調査で、中世の集落関連の遺構・遺物が相次いで見つかり、余戸中の孝遺跡、余戸柳井田遺跡などの調査がおこなわれ、中世の集落関連遺構のほか、さらに下層より弥生時代の竪穴建物などがみつかり、この地域の遺跡の内容が少しづつ解明されています。また、申請地周辺の試掘調査でも中世の遺構や遺物が確認されています。
 事前に実施した試掘調査の結果、溝、柱穴を検出し、土師器、須恵器、瓦器が出土しました。 これらのことから、中世の遺跡が広がることが想定されます。

注意
事項
発掘調査は終了しましたが、現場への立ち入りは危険な為、ご遠慮ください。

調査地の位置
お知らせ一覧へ戻る
Copyright © 公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団 埋蔵文化財センター All Right Reserved.